Vビームの安全性

  • 毛細血管奇形
  • 乳児血管腫
  • 毛細血管拡張症
  • その他

毛細血管奇形

  • 著者

    Anolik R, Newlove T et al (2012)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    24 595 1.5  10 8.5-9.5 20/20
    安全性

    2週おき、3週おき、4週おきの3群において、副作用の発生頻度は同等で、一過性の炎症後色素沈着をいずれの群で12.5%に認めた。瘢痕形成、色素脱失、感染症などの予期せぬ長期副作用は全例に認めなかった。

  • 著者

    Peters MA, van Drooge AM et al (2011)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    16 595 1.5 7 11-12 30/20
    安全性

    2回照射後3ヶ月の時点で、シングルパス(12J/cm2)と6分のインターバルをおいたダブルパス(11J/cm2)の両側において、色素脱失を2例に、色素沈着を3例に認めたが、いずれも自然消退した。色素沈着を認めた1例では、ダブルパス照射側に軽度の陥凹性瘢痕を認め、1年経過しても残存していた。

  • 著者

    Rajaratnam R, Laughlin SA et al (2011)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    26 595 0.45, 1.5, 3 7 10 9.5-15
    8-10
    30-40/20
    安全性

    予期された紫斑形成と浮腫を照射後に認めた。部分的な水疱形成を5例に、痂皮形成を11例に認めたが、瘢痕化や色素異常なく軽快した。4例に一過性の色素沈着を認めたが、グリコール酸と美白剤の外用により完全に消失した。 

  • 著者

    Faurschou A, Togsverd-Bo K et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    20 595 0.45, 1.5 7
    10
    8-14 
    7-10
    30/20
    安全性

    全例に、色素沈着、色素脱失、陥凹性あるいは肥厚性瘢痕を認めなかった。

  • 著者

    Li L, Kono T, et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    11 595 3 7 13-15 (+)
    安全性

    色素沈着をVビーム照射側で2例(18%)、ロングパルスアレキサンドライトレーザー照射側で3例(27%)に認めた。色素脱失はロングパルスアレキサンドライトレーザー照射側で1例(9%)に認めたが、Vビーム照射側では認めなかった。全例に瘢痕形成は生じなかった。

  • 著者

    Chapas AM, Eickhorst, et al (2007)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    49 595 1.5 10 7.75-9.5 30/20
    安全性

    皮膚陥凹や瘢痕形成は全例に認めなかった。

  • 著者

    Kono T, Sakurai H, et al (2007)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    40 595 1.5-10 7 10-15 40/20
    安全性

    長期におよぶ色素異常ならびに瘢痕形成は全例に認めなかった。

  • 著者

    Asahina A, et al (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    66 595 10 7 12 30/30
    安全性

    一過性の紫斑、浮腫、色素沈着、色素脱失が認められたかいずれも軽度で許容範囲内の程度であった。

  • 著者

    Tomson N, et al (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    13 595 1.5 7, 10 7.5-15 (+)
    安全性

    副作用は全例に認めなかった。

  • 著者

    Woo SH, et al (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    102 595 1.5-6 7, 10 6-15 30/--
    安全性

    照射後の色素沈着が28.4%、色素脱失を4.9%に認めたが、いずれも加療せずに1年以内に消失した。小径の皮膚の陥凹を2例(2%)、肥厚性瘢痕を1例(1%)に認めたが、いずれも照射の出力が14.5-15J/cm2と比較的高かった。

  • 著者

    Bernstein EF (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    20 595 1.5 10 7.5-9.5 40/20
    安全性

    瘢痕形成は全例に認めなかった。

  • 著者

    Yung A, Sheehan-Dare R (2005)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    15 595 1.5, 6, 20 7 15 60/60
    安全性

    水疱形成は全例に認めなかった。3例に痂皮形成が見られた。1.5msパルスで照射した1例に陥凹性瘢痕が生じた。

  • 著者

    Woo WK, et al (2004)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    22 595 1.5, 10 7 15 (+)
    安全性

    水疱や痂皮形成、長期的な色調変化、瘢痕は全例に認めなかった。

  • 著者

    Greve B, Raulin C (2004)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    15 595 0.5
    20
    7 5.5
    13
    (+)
    安全性

    紫斑や痂皮形成は従来型色素レーザー群で最も顕著で、色素脱失が1例生じた。色素沈着、瘢痕形成は全例に認めなかった。

  • 著者

    Laube, et al (2003)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    9 595 1.5, 6 7, 10 7.5-14 30/30
    安全性

    色素沈着を2例、Pyogenic肉芽腫を1例に認めた。