Vビームの有効性

  • 毛細血管奇形
  • 乳児血管腫
  • 毛細血管拡張症
  • その他

その他

紅 斑

  • 著者

    Baniandres O, et al (2003)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    11 595 1.5-10 7 6-13 20-60/20
    有効性

    エリテマトーデス患者に対し、1-9回の治療を行った。色調の消退度は平均で58.6%であった。クロロキン、ステロイド薬の内服、ステロイド薬外用等の併用は許可した。

炎症性ざ瘡

  • 著者

    吉田亜季ほか (2013)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    4 595 6 7 12-13.5 30/10
    30/30
    有効性

    治療抵抗性の炎症性ざ瘡、集簇性ざ瘡、またはざ瘡瘢痕を持つ患者に対して、1-3ヶ月おきに3-6回照射。抗菌剤、ビタミン剤の内服外用、アダパレン外用の併用を許可。嚢腫、紅色丘疹、膿疱、炎症後紅斑、また瘢痕について改善が見られた。一部で著明な改善を認めた。

  • 著者

    Orringer JS et al (2010)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    44 595 10 10 6.5-7.5 (+)
    有効性

    5-ALAを6-90分塗布したのち半顔のみ2週おきに3回治療し、未治療側とを比較。紅色丘疹+膿疱+嚢腫など炎症性の症状が25%以上改善した患者が30%であったのに対し、非炎症性の開放面皰、閉鎖面皰への効果を認めたのは7%であった。

  • 著者

    Haedersdal M et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    15 595 10 10 7.5 30/20
    有効性

    半顔にVビーム単独、もう半顔にVビーム+MAL(メチルアミノレブリン酸)で2週おきに3回治療。Vビームは2パス照射とした。最終照射後8週の時点で、炎症性丘疹がVビーム単独側で平均で67%減少し、Vビーム+MAL側では80%減少した。非炎症性の面庖はVビーム単独側で平均で42%減少し、Vビーム+MAL側では53%減少した。

  • 著者

    Sami NA et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    15 595 0.45 7 6-8 30/10
    有効性

    Vビームでは紫斑が生じる最小出力で照射。Vビーム群、IPL群とも、ざ瘡個数が90%以上減少するに至るまで毎週治療を繰り返した。Vビーム群では平均4.1回、IPL群では平均6.0回であった。LED群は週二回の治療を繰り返し、ざ瘡個数が90%以上減少するに至るまで10回を要した。

  • 著者

    Yoon HJ (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    20 595 10 7 9.5-11 30/10
    有効性

    4週おきに2回治療した結果、紅色丘疹の個数が1回治療後1ヶ月で24.9%減、2回治療後1ヶ月で57.6%減であった。患者の9割(18/20)で、紅色丘疹の個数の減少認めた。また、Leedsスコア、紅斑指数ならびに皮膚粘弾性でも著明な改善を認めた。

  • 著者

    Glaich AS et al (2005)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    15 595 6, 10 10 6.5-7.5 30/40
    有効性

    本器と1,450-nmダイオードレーザーを直後に併用し4-6週おきに3回治療した。1回治療後の痤瘡病変数の平均は52%減少し、2回治療後は63%、3回治療後は84%減少した。軽度の一過性紅斑と浮腫を認めたが24-48時間以内に消失した。

若返り

  • 著者

    Jørgensen GF et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    20 595 3-20
    6
    1.5
    10
    10
    7 or 10
    5.5-10
    5-7
    7-10
    30/20
    30/20
    No DCD
    有効性

    色素斑(1パス)以外は2パス照射にて、3週おきに3回治療し、顔面の反対側をIPLにて照射し、比較検討した。6ヶ月後の評価では、血管消失度はVビーム治療側でより効果が見られたが、色素沈着、肌質、シワに関しては、IPL側と有意差を認めなかった。

  • 著者

    Kono T et al (2007)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    10 595 20 7 10-12 (+)
    有効性

    50%オーバーラッピング照射にて、4週おきにVビームで3回治療し、顔面の反対側はIPLにて6回照射し、比較検討した。シワに対して、最終照射後3ヶ月の時点で、両側ともにやや有効以上の改善度を患者の8割に認め(8/10)、有意差は認めなかった。

  • 著者

    Trelles MA et al (2004)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    10 595 10 7 10 20/--
    有効性

    2-4週おきに5回照射後の患者満足度は約30%であった。

  • 著者

    Tay Y et al (2004)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    10 595 10 10 7 40/40
    有効性

    治療は30%オーバーラップの1パスとし、2ヶ月おきに3回治療した。最終治療後2ヶ月の時点で治療前の写真と比較した結果、軽度改善とした患者が4例(40%)、中程度改善が5例(50%)、改善が1例(10%)であった。コントロール側(未照射部位)での改善は認めなかった。2例で軽度の一過性紅斑を認めたが、治療後1時間以内に自然消退した。

  • 著者

    Rostan E et al (2001)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    15 595 6 10 6 20/30
    有効性

    1ヶ月おきに4回治療した結果、15症例中、11症例 (73%)が最終治療後の90日の時点で改善を示した。

色素斑、色素沈着

  • 著者

    Ghaninejhadi H et al (2013)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    21 595 N/A 7 10 No DCD
    有効性

    コンプレッションハンドピースを用いて1回照射後4週の時点で、ダーマスコープを用いた評価で75%以上の改善を認めたのが全体の約57%であった。

  • 著者

    Chern PL et al (2010)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    10 595 10 7, 10 5-8 No DCD
    有効性

    2-4週おきに2回治療した結果、6-10週後での評価は色調改善度の平均が40%であった。

  • 著者

    Pootongkam S et al (2009)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    10 595 6 10
    7
    6 30/20
    No DCD
    有効性

    1パス目は通常のハンドピースで、2パス目はコンプレッションハンドピースを用いて全例2パス照射、4週おきに3回顔面片側のみ治療した。3回照射1ヶ月後のVISIAを用いた色素斑個数判定では、治療側で6.1±0個減少したのに対し、非照射側では2.8±6.8個増加していた。VISIAによる評価ではシワへの効果を認めなかった。

  • 著者

    Galeckas KJ et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    20 595 1.5
    20
    10 6.5-8
    9.5-10
    No DCD
    30-40/20
    有効性

    色素斑、若返り治療目的に、1パス目はコンプレッションハンドピースを用いて、2パス目は通常のハンドピースで全例2パス照射、3-4週おきに3回治療した。濃い色素斑の色調改善率が平均85%、薄い色素斑では平均63%、微細な毛細血管拡張の改善率は平均85%、太めの毛細血管拡張では平均43%、肌質改善率は34%であった。20例中11例(55%)に、90%以上の毛細血管拡張(0.6mm未満)の改善と濃い色素斑の改善を認めた。

  • 著者

    Garden JM et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    12 595 1.5 7 7-12
    主に9-10
    No DCD
    有効性

    色素斑に対して、コンプレッションハンドピースを使用して4-6週おきに4回照射し、1回照射ごとに色調改善度を評価した。75%以上の色調改善を認めたのが、1回照射後では43%、2回照射後59%、3回照射後76%、4回照射後で79%であった。

  • 著者

    Kono T et al (2007)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    54 595 1.5 7 9-13 No DCD
    有効性

    38例(70%)で著明な改善を認めた。14例(26%)を有効、2例(4%)をやや有効と評価した。

  • 著者

    Bernstein EF (2007)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    10 595 10 10 8.5-10
    7.5-8
    40/20
    No DCD
    有効性

    4週おきに3回治療を行った。写真判定において、色素沈着が平均61%改善。シワで平均50%、毛細血管で平均82%、赤みで平均80%、毛穴で平均25%の改善と評価した。

  • 著者

    Kauvar AN (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    17 595 1.5-3 7 9-16 No DCD
    有効性

    色素斑に対して、コンプレッションハンドピースを使用して1ヶ月おきに最高3回照射した結果、中等度以上の色調改善を認めた。

  • 著者

    Kono T et al (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    36 595 1.5 7 10-13 No DCD
    有効性

    色素斑に対して、1つにVビーム(コンプレッションハンドピース使用)を、もう1つにはQスイッチルビーレーザーを1回照射して比較。色調改善度は、Vビーム側で70.3±23.9%、Qスイッチルビー照射側で83.3±12.9%で、有意差を認めた。

瘢 痕

  • 著者

    Bailey JK et al (2012)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    13 595 0.45 10 5-6.75 30/20
    有効性

    6週おきに最低2回以上、臨床的な改善を認めるまでレーザーを瘢痕の片側に照射し圧抵療法も併用、もう片側は圧抵療法のみのコントロールとした。コントロール側と比較し、VSSスコアの著明な改善を認めた。3回照射後、瘢痕の高さ、血管分布状態、色素沈着、柔軟性、紅斑の改善を認めた。

  • 著者

    Yang Q et al (2012)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    26 595 1.5 7 10 20/10
    有効性

    ケロイドに対して3-4週おきに3回治療した結果、21例(81%)で結合組織成長因子(CTGF)mRNA発現量の低下を認め、治療前と比べ平均58±29%低下していた。一方で、残り5例(19%)ではCTGFmRNA発現量の増加を認めた。VSSスコアでも著明な改善を認め、質感、症状、紅斑に対する改善効果が大きかった。

  • 著者

    Donelan MB et al (2008)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    57 595 1.5 7 4-8
    平均6.5
    30/20
    有効性

    2ヶ月以上の間隔を空けて、1-15回(平均3.7回)治療。Group 1(11例/19%:受傷から1年以内)では、色素レーザー照射による瘢痕化の抑制効果を確認できた。Group 2(24例/42%:受傷後1-4年)では全例で肥厚性瘢痕の改善、紅斑の改善を認めた。Group 3(22例/39%:受傷後5年以降)では、受傷後かなり経っているにもかかわらず、持続性紅斑の改善に有効であった。

  • 著者

    Manuskiatti W et al (2007)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    19 595 0.45/40 7 7 70/30
    有効性

    肥厚性瘢痕を二分割し、片側をパルス幅0.45msec、もう一方を40msecで4週おきにそれぞれ3回照射。瘢痕の大きさは両側とも著明な改善が見られ、1回治療後4週、2回治療後4週、最終照射後16週の瘢痕体積の減少率は0.45msec側で7.7%、18.7%、24.4%であったのに対し、40msec側では6.7%、12.3%、16.9%であった。最終照射後16週での評価では、0.45msec側の方が40msec側よりも優位さを持って改善を認めた。瘢痕の高さは、0.45msec側で26.2%減少したのに対し、40msec側では15.3%の減少であったが、有意差は認めなかった。紅斑については、治療前後で改善を認めず、0.45msecと40msecとの差もなかった。瘢痕の柔軟性については、0.45msec側で著明な改善を認めた。

  • 著者

    Conologue TD, Norwood C. (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    13 595 1.5 7 8 30/10
    有効性

    2cm以上の術後線状瘢痕に対して、片側を4-8週おきに3回レーザー照射し、もう片側を未照射として、最終照射後1ヶ月で効果を判定した。Vancouver scar scale (VSS)において、照射前と比べ、スコアが60%改善した。また、レーザー照射側では、血管分布状態が平均69%、柔軟性が平均67%改善したが、瘢痕の高さや色素沈着についてはほとんど改善を認めなかった。

  • 著者

    Alam M et al (2006)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    17 595 1.5 7 7 30/20
    有効性

    皮膚切除・縫合した後の抜糸の際にレーザーを10%オーバーラップで1パス照射した。治療は1回のみとした。治療後1週目と6週目の改善度を比較した結果、治療部位、コントロール側ともに改善傾向を示したが、効果に有意差は見られなかった。

  • 著者

    Kono T et al (2005)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    22 595 1.5-10 7 9-10 30/30
    有効性

    経過6ヶ月以上の治療抵抗性肥厚性瘢痕に対して4週おきに2回照射。全22箇所において臨床的改善が見られた。瘢痕のVGHスコアーは、8.8±1.8から4.4±1.7に減少し、有意差を持って改善を認めた。瘢痕の肥厚は全箇所で治療前と比べ平坦化を確認、平均40.7±20.7%の肥厚の改善を認めた。紅斑についても著明な改善を認め、紅斑消退度は平均65.3±25.5%であった。

尋常性疣贅

  • 著者

    藤井美樹ほか (2010)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    21 595 1.5 7 12.5-13.5 30/30
    有効性

    疣贅内の微小血管が透視できる深さまで剃刀で角質を削除してからレーザーを照射。ダブルまたはトリプルパルスで、3-4週おきに平均3.25回治療。全21箇所のうち、12カ所(57%)で治癒を認めた。また3ヶ月以内の新生の疣贅に比べ、3ヶ月以上の慢性期の疣贅では明らかに治癒率が悪かった。

乾 癬

  • 著者

    Taibjee SM et al (2005)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    22 595 1.5 7 10-12 30/30
    有効性

    毎レーザー照射の1週間前にサリチル酸による鱗屑のピーリング処置を施し、4週間おきに最高4回レーザー照射は行った。乾癬重症度指数の平均は7.7から2.7ポイント改善し、コントロール側(未治療部位)と比べ有意差が認められた。6例(27%)は平均3.3回のダイレーザー治療で完解し、うち4例は1年後のフォローアップ時でも完解を示した。

皮膚内出血(エキモーシス)

  • 著者

    DeFatta RJ et al (2009)
    症例
    (数)
    波長
    (nm)
    パルス幅
    (ms)
    スポット径
    (mm)
    出力
    (J/cm2
    DCD
    (ms)
    20 595 6 10 6 30/20
    有効性

    注入療法など低侵襲な外科手術を5日又は6日前に受けた患者の内出血部の外側にのみレーザーを1回照射(3パス)し、2日あるいは3日後の内側(未照射部位)の内出血の度合いを比較。内出血の度合いはレーザーを当てることで67%改善し、統計学的に有意差を認めた。外科的手術後の内出血の期間を約半分にできると示唆された。最もレーザーの効果が期待できるのは、術後5日~10日目に当てること。