Vビームの学会発表一覧

  • 単純性血管腫
  • 苺状血管腫
  • 毛細血管拡張症
  • その他

単純性血管腫

2001年4月6日~8日 パルス色素レーザー治療の進歩と現状
林 洋司 第100回 日本皮膚科学会総会
2001年4月6日~8日 Vbeamによる血管系病変の治療
谷田 泰男 第100回 日本皮膚科学会総会
2002年4月17日・19日 色素血管母斑症に対するレーザー治療
堀 圭二郎、河野 太郎、菊池 雄二 第45回 日本形成外科学会総会
2002年4月17日・19日 血管性病変に対するパルス幅可変式レーザー装置を用いたレーザー療法の治療経験
大久保 麗、河野 太郎、堀 圭二郎 第45回 日本形成外科学会総会
2002年4月17日・19日 超ロングパルスレーザーによる皮膚血管病変の治療-パルス幅可変式色素レーザーを用いて-
林 洋司、川上 重彦 第45回 日本形成外科学会総会
2002年6月7日~9日 パルスダイレーザー治療の新展開
林 洋司 第101回 日本皮膚科学会総会
2003年4月9日~11日 単純性血管腫に対する可変式長パルス色素レーザー治療の検討
岩坂 督、河野 太郎、井砂 司 第46回 日本形成外科学会総会
2003年4月9日~13日 TREATMENT OF RESISTANT PORT WINE STAINS WITH THE V BEAM PULSED DYE LASER
Simone Laube, Saleem Tabjee, and Sean Lanigan American Society for Laser Medicine and Surgery 23rd Annual Meeting
2003年4月9日~13日 SUCCESSFUL TREATMENT OF RESISTANT PORT WINE STAINS BY "LONG PULSED" DYE LASER
Jm. Mazer and V. Fayard American Society for Laser Medicine and Surgery 23rd Annual Meeting
2003年4月9日~13日 A PROSPECTIVE STUDY ON THE USE OF PULSE DYE LASER WITH DYNAMIC COOLING DEVICE IN THE TREATMENT OF PORT WINE STAIN IN CHINESE
Chiu F, Ho WS, Yeung CK, and Chan HH American Society for Laser Medicine and Surgery 23rd Annual Meeting
2003年11月14日・15日 単純性血管腫に対するV-beamレーザー治療の検討
岩坂 督、河野 太郎、大久保 麗 第24回 日本レーザー医学会総会
2003年11月14日・15日 単純性血管腫のレーザー治療に対する組織学的検討
大久保 麗、河野 太郎、岩坂 督 第24回 日本レーザー医学会総会
2004年3月31日~4月4日 ASSOCIATION ALEXANDRITE AND PULSED DYE LASERS FOR THE TREATMENT OF VASCULAR LESIONS
Jean-Michel Mazer, Virginie Fayard,and Anne Tailleur American Society for Laser Medicine and Surgery 24th Annual Meeting
2004年3月31日~4月4日 TREATMENT OF RESIDENT PORTWINE STAINS WITH THE LONG- PULSED DYE LASER
Taro Kono,Ali Riza Ercocen,Tsukasa Isago American Society for Laser Medicine and Surgery 24th Annual Meeting
2004年4月7日~9日 単純性血管腫に対するV-beamレーザー治療の効果
大久保 麗、河野 太郎、川手 浩史 第47回 日本形成外科学会総会
2004年7月3日・4日 単純性血管腫に対するレーザー照射難治症例
谷口 由紀 第16回 日本レーザー治療学会
2005年3月30日~4月3日 THE HIGH-ENERGY V-BEAM IMPROVES REFRACTORY PORT-WINE STAINS
Eric F. Bernstein and Roy Geronemus American Society for Laser Medicine and Surgery 25th Annual Meeting
2005年3月30日~4月3日 COMPARISON STUDY OF THE LONG-PULSED DYE AND ALEXANDRITE LASER IN THE TREATMENT OF PORT WINE STAINS
Taro Kono, Ali Rza Ercocen, Yoshihiko Kitazawa American Society for Laser Medicine and Surgery 25th Annual Meeting
2005年3月30日~4月3日 PHOTOTHERMAL MATHEMATICAL MODELING FOR OPTIMAL LASER TREATMENT OF PORT-WINE STAINS
Gal Shafirstein, Wolfgang Baumler, S. Ferguson, American Society for Laser Medicine and Surgery 25th Annual Meeting
2005年9月9日・10日 単純性血管腫に対する長パルス幅色素レーザーと長パルス幅アレキサンドライトレーザー治療の比較検討
北澤 義彦、河野 太郎、堀 圭二郎 第26回 日本レーザー医学会総会
2006年4月5日~9日 NUMERICAL MODELING OF CRYOGEN SPRAY COOLING-ASSISTED LASER SURGERY AT HYPOBARIC PRESSURE FOR TREATMENT OF PORT WINE STAINS
Walfre Franco, Mike Childers, J. Stuart Nelson American Society for Laser Medicine and Surgery 26th Annual Meeting
2006年4月5日~9日 TREATMENT OF PORT-WINE STAINS WITH 595 nm LONG PULSED DYE LASER: A PROSPECTIVE STUDY OF 66 JAPANESE PATIENTS UNDER A CONSISTENT SETTING
Takahiro Watanabe, Akihiko Asahina, Naoko Hattori American Society for Laser Medicine and Surgery 26th Annual Meeting
2006年4月5日~9日 LPDL TREATMENT OF RESISTANT PORT WINE STAINS FOR ASIANS
Yukiko Yasuda and Masayuki Yamamoto American Society for Laser Medicine and Surgery 26th Annual Meeting
2006年4月12日~14日 単純性血管腫に対する皮膚冷却装置付長パルス幅色素レーザーにおける組織学的検討
大久保 麗、河野 太郎、野崎 幹弘 第49回 日本形成外科学会総会
2006年6月2日~4日 595nmロングパルス色素レーザーによる単純性血管腫の治療
渡邊 孝宏 第105回 日本皮膚科学会総会
2006年6月2日~4日 血管腫の治療-単純性血管腫と苺状血管腫-
岩崎 泰政 第105回 日本皮膚科学会総会
2006年7月1日・2日 Vビーム
服部 尚子、朝比奈 昭彦、渡辺 孝宏 第18回 日本レーザー治療学会
2007年4月20日~22日 単純性血管腫に対するレーザー治療
渡邊 孝宏 第106回 日本皮膚科学会総会
2008年4月9日~11日 レーザー照射開始年齢が単純性血管腫の治療効果に及ぼす影響
小栗 章子、小田 真喜子、西堀 公治 第51回 日本形成外科学会総会
2009年4月1日~5日 TREATMENT OF PORT WINE STAINS WITH 595 nm DYE LASER AND PNEUMATIC SKIN FLATTENING
Serge Dahan, Jean-Michel Mazer, Gerard Toubel American Society for Laser Medicine and Surgery 29th Annual Meeting
2009年4月22日~24日 単純性血管腫に対するパルス色素レーザーと皮膚冷却装置付長パルス幅色素レーザー照射後の組織学的検討
大久保 麗、河野 太郎、桜井 裕之 第52回 日本形成外科学会総会
2009年4月22日~24日 単純性血管腫に対する皮膚冷却装置付長パルス幅色素レーザー(以下Vbeam Perfecta)治療の検討
大久保 麗、河野 太郎、中野 貴光 第52回 日本形成外科学会総会
2009年4月24日・26日 血管腫のレーザー治療
岩崎 泰政 第108回 日本皮膚科学会総会
2009年4月24日・26日 私の色素レーザー治療 従来型短パルス色素レーザー時代から長パルス色素レーザーVbeam時代へ
根本 治 第108回 日本皮膚科学会総会
2009年12月2日・3日 血管腫に対する色素レーザー治療の現状と問題点
岩崎 泰政 第30回 日本レーザー医学会総会
2010年4月16日~18日 TOLERANCE OF THENEWGENERATION PULSED DYE LASERS ON CHILDREN TREATED FOR PORT WINE STAINS (334 CASES)
Jean-Michel Mazer, Virginie Fayard, Valerie Arigon American Society for Laser Medicine and Surgery 30th Annual Meeting
2011年3月30日~4月3日 TREATMENT OF PORT WINE STAIN USING A NEW OPTIMIZED PULSED LIGHT HANDPIECE
E. Victor Ross, Emily Yu American Society for Laser Medicine and Surgery 31th Annual Meeting
2011年4月13日~15日 1才未満から開始した単純性血管腫に対するレーザー治療の効果
大久保 麗、伊藤 恵美、河野 太郎 第54回 日本形成外科学会総会
2011年4月15日~17日 ロングパルスダイレーザーVbeamの多機能性
中野 俊二 第110回 日本皮膚科学会総会
2011年11月24日・25日 Vビームのやさしい使い方
河野 太郎 第32回 日本レーザー医学会総会
2012年4月11日~13日 レーザー治療の歴史的変遷と将来(血管腫・血管奇形を中心に)
大城 貴史、大城 俊夫、佐々木 克己 第55回 日本形成外科学会総会